岸辺のAlbum

teenstの日記

浮浪

前日深夜に2冊文芸書を読んでしまうということをおこなってしまったばっかりに,
予定時刻になった瞬間に,@さんからの到着を伝えるメールで起こされる.

大遅刻,ということで待ち合わせ場所に向かう.
結局1時間半の遅刻.早めに行こうと言ったのはこっちだったのに,申し訳ない....


待ち合わせ場所から大阪に向かう.
梅田の混雑を避けて,いい感じで乗り換え.四つ橋線に乗り,なんばまで.
実際は,御堂筋線でも地下で駅間はつながっているため,御堂筋でもよかったのだが.
地上に出た瞬間,暑さで夏を感じた.
道頓堀川を渡り,南堀江のdddギャラリーに向かう.

秀英体100という書体の企画展が行われていた.
最終日に近かったため,この土曜日しか行けないなと思い,ついでに誘ったという経緯がある.
割と友人も乗り気だったようでありがたかった.
秀英体の記念ポスターの展示が会場の半数を占めていたが,
秀英体自体の説明や活版についての展示も半数あり,僕としてはそちらのほうが楽しめた.
写植についての知識はあったのだが,活版についてはほとんど無知であったために
解説のビデオや展示されている母型や活字などもよかった.

記念冊子を購入し堀江をぶらつく.
去年の秋頃,彼女とは,堀江に行こうという話をしていたはずなのだがいつの間にか話が流れていて,
思わぬ結果として堀江をぶらつくこととなった.
セレクトショップなども多く,おしゃれな雰囲気.
公園マダムも所帯染みていない.
なかなか場違いな感じではあったが,また来たいと思える雰囲気.
することもなくぶらついていたのでとりあえずキタ,あるいは京都に戻るかと移動.

途中アメ村を通ったが,こちらは僕の苦手な雰囲気.たまに来る分にはいいがやはり"若者の街"と呼ばれるところは
慣れないのだなぁと思う.

御堂筋線心斎橋駅まで戻り,長堀橋から堺筋線を通って阪急にそのまま直通で京都に向かうということになった.
ずっと立ちっぱなしで,自分自身も疲れたが彼女も疲れさせてしまったかもしれない.
その後,木屋町のソワレで適当にフルーツポンチ的なものを頂き,帰宅した.

ソワレ

食べログソワレ


本来の目的は,

振袖いちま 上 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)

振袖いちま 上 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)



を借りるということだった.
2冊といっても,なかなかの分量.しかし帰宅中or後に完読してしまった.

元々は,@経由.彼女は自然言語処理関連のツイートをコンスタントにしつつも,
狂気的なツイートで楽しませてくれた人であったが,去年のクリスマス前後に更新を停止.
その後別の方によって引き継がれbotになってしまった.クリスマス前後の本人のツイートと周りの顛末はTogetterを参照.愛されていたのだなぁとしみじみ.

漫画の方は,狂気も機械学習も関係ないが,ゆるゆると身勝手ないちまさんとそれに振り回される主人公が面白い.
若干冗長であるため,万人受けはしないだろうが,僕は十分楽しめた.