読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岸辺のAlbum

teenstの日記

家族を作り,家族を育てる.そして家族から離れる

ホワイトデーのお返しは滞り無く終えることができたので,
不義理であることは避けられたわけだが.



特段ここに書くべきは,ネットの方から頂いたのヴァレンタインデーのお返しについてでしょう.
いくつかアイディアはあったのですが,
今週の平日は計画的に外にお出かけできないことがわかっていたので,
ネット経由で注文できることが大前提で.
その上ハズレがなく,万が一お口に合わなくても痛くないものということで,
榮太樓總本鋪の飴を送ることにしました.
14日までには届いていたようで,お礼の言葉を頂きました.
本人はヴァレンタインデーに大したものは送っていないというふうなことを仰っていたのですが,
僕からするとかなりの熱量が必要なプレゼントだと感じたので,
きちんとお返しをするぐらいのことをしなければと思ったのでした.

しかし,人とコミュニケーションを取らなさ過ぎると,
贈答品に何を送ればいいのかわからなくなってしまいます.
美味しいお店については1年も居りますので全くの白紙状態ではないのですが,
贈り物は全くの語彙不足.
語彙不足を補うためにプレゼントを,人とワイワイ言いながら選ぶのは幸福なことかなと,
ふと思ったりしたのでした.



親族の結婚式に行く.
三三九度を間近で見ることに成功.
神前式ははじめての体験である.確か,親が神前式だった気がする.
これで日本国内のメジャーな宗教の結婚式は,仏前式を残すだけということになるのかしら.


披露宴.
親族のある人は「落ち着いた式」と仰っていたけれど,
僕から見れば(事情もあるんだけど)かなり華やかな式だったし,
何より立地が最高だったというのもあって,
いいものが見れたという感じ.
家族が「結婚式はいいね」というので僕は「将来の希望があるからね」と返していた.

そんな式を見ていたら私財を投入して,パーティーをすることをここ数年の目標にしたいと思い始めた.
結婚式をして周りの知人や友人,家族を集めて幸せの押し売りをするということが重要という気もしていて,
ならば独身男性も私財を投入して,大型なパーティーをするということをやってみれば良さそう.
こういう幸せもあるんだと思わせることが,僕らの世代を生きやすくするのではと思ったのだった.
(というのを中年独身をみながら思っていたのだった)

そういうことをべらべらと親族の席で話していたら,
ひとり結婚式,ソロウェディングというのはすでにあるらしい.
なるほどと思い,そういえば京都にこういう人がいたのを思い出した.

三十路でひとり結婚式

結婚とかそういうものを連想させるのはまだ悪習が染み付いていて,
むしろ僕とかは受賞とか記念のパーティーみたいなのをやるべきなんやろな.うん.


上司の誕生日をパレードで祝う - デイリーポータルZ:@nifty


先輩が自分自身を讃える祭りを開催したら、Yahoo!ニュースに取り上げられた話 - デイリーポータルZ:@nifty

元キャバレーとか温泉とか借りればいいんじゃないでしょうか.
結婚式に行って,「結婚したい」ではなく意味もなく「パーティーしたい」となるあたりが,
自分の性質の変化かもしれない.



移動して家族で食事.


関連ランキング:水炊き | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

美味しいご飯.駅からも近いし結構満足できた.
こちらでも,やっぱり僕はだらだらとしゃべっていたのだけれど,
昼からアルコールを飲みつつコース料理を食べて,
その上,夜もということで,あまりペースが上がらなかったし,眠かったのがある.
その分,いい酒を飲もうということで,普段飲めない(飲まない)ような日本酒を頂いた.
家族のお祝いという名目だったけど,実際は喋りたい人間がだらだら喋るという感じで,
近況報告だった.


扶養や介護とか考えるし,
年をとると辛い話が多くなるが,なんとか生き延びてほしいと思う.マジで.
既にいる家族だけでもゆらぎが多いのに,
今以上に人数を増やすなんて,家庭を作る人達は偉大だなと思ったりした.
あと,親は家で仕事の話をしないのは,偉大だなと思った.持ち帰って仕事はしてたけどさ.


帰る頃には,「土曜の夜の六本木」という感じで華やかだったように思う.