読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岸辺のAlbum

teenstの日記

Do you know todesking? / 一人反省会

午前中は洗濯をする.先週は本当にひどくて結構溜っていた.


@_ynkさんと@pajamajpさんと鉄道を見に行った.
本当は別のところに行きたかったのだけれど,山手線や京浜東北線が朝から大混乱していたので,
わざわざ人混みを作りに行かなくても良いと思い,東急世田谷線の様子を見に行った.

三軒茶屋で降りる.
キャロットタワーへの道.広くて気持ちがいい.ハイビジョンとか言ってた.
外に出てみると本当に晴れていた.

世田谷線.東京の路面電車に乗るのは,都電荒川線につづいて2路線目.車両ごとに色が違う.かわいい.
車が通る道路とは並行せず(併用軌道と呼ばれるらしい,関西だと嵐電とか京津線とかにある)に,遮断機でどんどん車をとめていく感じ.
ただし,環七をまたぐところは,世田谷線も信号で止まる.


良いケーキ情報をpajamajpさんが思い出したので,途中の駅で降りて行った.
ケーキ屋は若干遠かった.
彼女に案内を頼むと結構雑な案内になるのだけれど,それが実は良かったりするというような,乱択アルゴリズムのようなことが起きたりする.今回は最適なルートではなかったけれどね.


関連ランキング:ケーキ | 西太子堂駅若林駅三軒茶屋駅

イートインできる感じだったけど,2人席しか空いてなかったので断念した.
住宅街のおしゃれなケーキ屋という感じ.
その辺の公園で食べる.僕はモンブランを食べた.
やたらうまかったけれど,コーヒーも飲みたかった気がする.


世田谷線に乗り直す.
世田谷区は広い.以前,羽田空港ができるまで23区の中で一番広かったという話を聞いた.
住宅街の中を走る.特に周囲には変化もないけれど,
東西に移動することで知っていた街が,頭のなかで縦串で繋がるということが起きて面白かった.
街は実際に行かないと,頭に入らないのが難しい.
あまり人の話を聞いて考えられるほど想像力が豊かではないではないので,
実際に行ったほうが記憶に残りやすいというのがある.
(歴史が覚えられないのはもうその当時には戻ることができないからだろうか)
社内は元気な子どもたちがいた.頭のなかではビレッジ・ピープルの音楽が流れていた.

高井戸まで.駅前を少しだけ見学.背の高いビルが多いが,雑多な感じもして面白かった.
新宿方面まで移動.京王線に乗るのは数年ぶりだろうか……?(こっちに来てから明大前・府中・調布などに行った記憶が無い)

3人で移動することも増えてきたので常々思うのは,3人でどこかに入るのが難しい.ということ.
席数が多いお店を事前に調べてないのがよくない.
あそこだと……と思ったところは3丁目の方だったりして,サザンテラスにいたのでなんとも.
いろいろと引き寄せられは撃沈し,いきついたのはここ.


関連ランキング:カフェ | 南新宿駅新宿駅代々木駅

コーヒーとサンドイッチを食べた.
分煙された喫煙席で,動物園の檻の中にいる気持ちになった.
いろいろと話す.話しすぎたと思うぐらいかもしれない.
なぜか思い出したのは「自分から言い出した会なのだから,もてなすためには話すよね」(超訳)というようなことを言っていた寡黙な友人のことだったりした.

話は流れて,僕は一度お会いしたきりのある人の話になる.
これが一番盛り上がった話題で,まさしくインターネットの人という感じになる.


サザンテラスの紀伊國屋で無知を晒した.

晩御飯のため移動をする.
日暮里舎人ライナーの広告を見る.乗りに行きたい.
都営大江戸線に乗る.


電車に乗ってしまうと新宿とはいえ,もう別の場所という感じすらある.
駅を出て,お店はすぐに見つかる.少し住宅街に入ったところ.気になっていた店だった.


関連ランキング:インド料理 | 西新宿五丁目駅都庁前駅西新宿駅


「情報は仲良くなった人に,徐々に伝えたほうがいいのでは(大切だと思う相手には自分の大切な情報を,というニュアンスがあったと思う)」という質問をされて,
少し考えさせられたけど,そのとき答えたことと,その背景は以下.


自身の過去の体験に関する情報は,ここにわりと書いていて,
その情報はほとんど過去の「資産」でしかないと思っている.
それでも自分の話をして,相手の話を聞くのは,
知識と知恵の対比の例に近い.
会話をする・相談をしてもらうなどというような相手の行為に対して
会話を楽しみながら返答をする,答えを探すなんてのは,
相手の反応を見ながら行う,人間的な行為だと感じているからかもしれない.
そして,そこに価値を見出しているというのがある.
自分が事前に予測がつかない「揺れ動くもの」に惹かれるのだと思う.
自分のそれにも,他人のそれにも.


思えば「あなたとは仲良くないから」と秘密を共有することを拒まれた経験であったり
そもそも他人や自分の秘密を持ちたくないという立場にいるからだろう.
相手に危険がないと考えられる限りは,自分の情報の一部ならば他人の話すらここに書く.
人に秘密を教えるから徐々に仲良くなっていくのではなく,
時間を共にし,思いを共有した結果,相手の(情報ではなく)人間性を知るほうがより健全なような気がしているのだった.

かつての友人のように「Webに情報を出していない人は信用出来ない」と言い切れるほど,
僕の周りはWebに情報を出している人ばかりではなくなったけれど,
事前にわかることはすべて伝えてあげたいという気持ちなのかもしれない.



上記の話ですら,今まで自分の中で繋がっていなかった別個の話題なので,
会話は大切だなぁと思ったりした.自分の口から思わぬことが飛び出てくるものなんだなぁ.

加えて,自分が肯定的に認識できる人と会いたいし,
自分を肯定的に認識してくれる人に時間を割きたいと思うのだった.
(僕のことを嫌いな人は残念なことにたくさんいるだろうけど,そうじゃない人もたくさんいるはずなので)


というようなことを考えていると,擦れてないというか,
自分で言うのもアレだけどまだまだ純朴なんだなぁと,
世間の人達との差分を見て思うことも増えていている.


家に帰って,ビールを一杯だけ飲んでいろいろする.