岸辺のAlbum

teenstの日記

家族がくる!

「下宿している大学生は帰省せずに,下宿先で友人たちと年をこす」をよしとしている僕は,
例によって4年目の今年も関西で年を越した.
つまり4年間は実家では僕が居ない正月なわけだが,今年は家族がこちらにくることになった.
滋賀に,夕方頃くるという話だったので,出かけていたのだが,僕の記憶違いだったようで,家族は昼過ぎには到着していた.


駅前で合流して,家に向かい荷物を下ろす.
おせち料理とお酒,親戚からのお年玉や入学祝い(!)などを頂く.
お菓子などもあって良い感じ.

こちらにくるのならば,京都市内に宿泊したほうがいいのでは?という話をしていたので京都駅前に宿泊しているようだ.
滋賀から京都まで車で移動し,一緒にチェックイン.

食事を一緒にするという約束だったので,四条まで出る.
古今烏丸付近をうろつき,大丸まで向かう.

黄老 大丸京都店

食べログ黄老 大丸京都店


で食事.お腹いっぱい食べた.
僕と母が話すといういつもの感じ.

その後,父と四条烏丸エクセルシオールで話す.
寡黙であるが,酔うと饒舌になる父とそこそこ話した.
あちらも工学系出身なので話も繋がる.あちらの学生時代の話も聞いたりした.


その後,母らとも合流し,家族の話.
わざわざ来るってことはそれなりの一大事だったりするので,問いただすと,
まぁ予想通りというか,それなりの出来事が2件ほど.
もっと大きい物を予想していたが,やはり一個一個のことはそこそこ大きな出来事で,当事者も大変だろうという感じ.
今,自分ができることはなかなかないのだけれど,まぁできることはやっていこう*1


僕はまだ家族の中では未来が固まっていないから,それだけ期待もあるだろうし,それでもある程度方向性は決まっている(はずな)わけで.
なんというかいろいろ話したはずなのだけれど,一つ一つは家族の話だから,書くほどのことでもなかったりして,その感じが面白かった.
親の,「どうせ遺伝子があまりよくないから」みたいな発言は親以外言えないわけだし,それに救われるってこともありそう.
どうしてもITやアカデミックの世界は,スーパープレーヤが目につきやすいから.

京都駅まで向かい,別れる.
スターバックスで1時間ほど読書をして(抹茶あずきラテ?が飲みたくて仕方がなかったのだった),豆を買い,帰宅.

*1:詳しく書くことではないから当たり障りない書き方になる